取引期間が長いほど有利

男性

過払い金が多ければ無料

借金が減額になる、和解成立以降の金利が発生せず将来利息をカット、金融業者からの督促がストップさせることができる任意整理の手続きですが、特に取引期間が長い人ほど有利になる手続きです。任意整理をすることで借金が減額になる理由ですが、グレーゾーン金利といって利息制限法を無視した法外な金利で発生した利息、これは本来支払う必要のない利息ですので、払い過ぎた分を減額に充てることができるのです。単純に取引期間が長いだけということではなく、利息制限法の限度額に応じて15〜20%が上限なっていますが、この上限を超えた期間での取引が長かった場合です。いくら消費者金融と5年間取引していますといっても法定金利内であれば過払い金が発生していないので、誰でも過払い金が発生しているとは限らないのです。いくら減額できるのかは、素人では判断しにくい点がありますので費用はかかりますが弁護士に任意整理を依頼するのが最適です。相談費用が無料の事務所ほど、債務整理に自信がある事務所ですので債権者との交渉ノウハウや実績もあります。任意整理は取引期間が長い人ほど大きく減額できるメリットはありますが、相談者の取引内容によっては借金がゼロになった、さらにゼロになるだけでなく過払い金があったのでそれも戻ってくることもあるのです。借金の返済が今後不要になりさらに現金も手に入る、任意整理の費用も取り戻した過払い金から費用を支払うことになるので実質無料で相談ができるケースもあります。

Copyright© 2018 任意整理の費用を確認【無料相談を実施している弁護士事務所に相談】 All Rights Reserved.