プロに相談して解決

法律書

なぜ弁護士が選ばれるのか

任意整理は司法書士に依頼することもできますが、弁護士に依頼するのが一般的です。では、なぜ弁護士に依頼するのが一般的になっているのでしょうか。弁護士に任意整理を依頼すると債権者からの督促が止まります。そのためストレスから解放され、生活の立て直しに集中することができます。また、家族に内緒で任意整理をすることもできますし、債権者との交渉や各種手続きは弁護士が行ってくれるので手間がありません。ただ、これは司法書士でも同じです。司法書士と弁護士との違いは扱える案件の制限です。司法書士は個別の債権額が140万円の案件しか交渉や訴訟の代理権を持ちません。つまり、任意整理をしたい1社の借金が140万円を超えている場合は司法書士には依頼できないのです。その点、弁護士にはこうした規制がありません。費用面に関しては司法書士の方が安い傾向にあると言われていますが、実際のところ弁護士も司法書士も費用に大きな差はありません。弁護士は自由に報酬を決めて良いことになっていますが、過剰な報酬を規制するためにルールが設けられています。そのため、どの弁護士でもルールの範囲内で費用を設定しており、司法書士の報酬設定と大差はないのです。費用に差がないとなれば、任意整理に実績のある弁護士の方が選ばれるのは当然でしょう。弁護士と言っても色んな人がいるので全ての弁護士が任意整理に対して有能であるとは言えませんが、専門性が高く、交渉経験も多ければ迷う必要はありません。

Copyright© 2018 任意整理の費用を確認【無料相談を実施している弁護士事務所に相談】 All Rights Reserved.